2010年02月03日

冨田 洋之 プロフィール

冨田洋之1.jpg

冨田 洋之(とみた ひろゆき、1980年11月21日 - )は元体操選手。順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科助教。日本オリンピック委員会専任コーチ。

生誕地 大阪府
身長 166cm
体重 62kg
引退 2008年12月

1980年11月21日、大阪府に生まれる。8歳から体操を始める。得意種目は鉄棒、つり輪、平行棒。

全6種目に強い世界有数のオールラウンダー。「美しくないと体操ではない。ただ派手な技をやるだけならサーカスと変わらない」というのが信条。体線が美しく、瞬発力、筋力、脚力など総合力に優れる。尊敬する選手はバルセロナオリンピックで6冠のビタリー・シェルボ(ソ連)。

2004年8月、アテネオリンピックでは日本チームのエースとして出場。金メダルのかかった最終種目鉄棒の最終試技者として、スーパーE難度のコールマンを成功。フィニッシュの伸身の新月面宙返りでは完璧な着地を決めて(NHKアナウンサーの刈屋富士雄の実況も話題になった)、団体総合で日本の28年ぶりの金メダル獲得に貢献。種目別の平行棒でも銀メダルを獲得。

2005年、日本選手として31年ぶりとなる世界選手権個人総合で優勝。2006年、世界選手権個人総合で2位となり、世界選手権3大会連続で個人総合のメダルを獲得。

2007年9月、体操界で最もエレガントな表現をした選手に贈られるロンジン・エレガンス賞を日本人として初めて受賞。

2008年8月、北京オリンピックでは団体総合の銀メダル獲得に貢献。個人総合でのメダルも期待されたが、得意のつり輪で落下し、4位に終わった。

同年11月、「理想としてきた美しい体操を自分の中で演技することが難しくなってきた」として、現役引退を表明。同年12月、ワールドカップ大会を最後に28歳で現役を引退した。

2009年1月、国際審判員の資格を取得。同年3月、セントラルスポーツを退社。同年4月、順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科助教、日本オリンピック委員会専任コーチに就任。

受賞歴

* 2004年9月、紫綬褒章、文部科学大臣顕彰、大阪府知事賞詞、大阪スポーツ大賞
* 2007年9月、国際体操連盟からエレガンス賞

冨田洋之2.jpg
冨田洋之3.jpg
冨田洋之4.jpg

posted by yudo55 at 10:23| Comment(37) | 冨田 洋之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。